本文へ移動

デイケア

座位姿勢訓練

2021-01-28
注目
みなさまこんにちは  
今週はわりと暖かい日が続いておりましたが、明日から寒波が襲来するとのことですが気を付けて下さいね   
さて今回は座位姿勢について書かせて頂きます。良い座位姿勢とは縦の軸がまっすぐで左右のバランスがとれており背もたれに寄りかからず背筋が伸び、あごを引き重心がお尻にある。足裏が床についている。骨盤、肩の高さが左右同じと言われています。
座位姿勢が悪いと食事中の咽込み、誤嚥を引き起こしたり、腰、首等に負担がかかったりします。
よい姿勢を作るには座布団や足台を使用し座位の高さを合わす等の環境設定や胴体を支える体幹のバランスや強さが必要になってきます。
そこでデイケアでは座位保持訓練としてバランスディスクを使用したトレーニングを行なっています。
バランスディスクに座っていただきあえて不安定な状態をつくり、姿勢をまっすぐに保っていただくという内容です。
その際グラグラし倒れそうになりますが姿勢をまっすぐ保とうと深部筋が働き体幹強化につながります。実際このトレーニングを行っている身体の傾斜が強い利用者様いらっしゃるのですが徐々に姿勢の改善がみられています。入浴時の更衣に介助が必要でしたがほとんどご自身で出来るようになられています。姿勢の改善があらゆる生活動作に影響してくるのだと実感しました。今後もこのようなトレーニングを広めていければと思います  
介護老人保健施設 五十忠
〒579-8057 東大阪市御幸町3-34
介護老人保健施設:072-980-6700
デイケアサービス:072-980-6710
訪問看護ステーション:072-980-6711
      FAX:072-980-6701

1.介護老人保健施設
2.短期入所療養介護
3.通所リハビリテーション
4.訪問看護ステーション
TOPへ戻る